グアムの概要


気候


グアムは年間を通じて非常に温暖な気候です。また、年間を通じて温度変化が少なく最高気温は約32℃、最低気温は約21℃、平均気温は26℃です。季節は、大きく分けると乾季(11~5月)と雨季(6~10月)に分かれます。雨季は日本の梅雨時のように連日雨が降る訳ではなく、定期的にスコールが降るイメージです。年間平均降雨量3分の2の雨がこの時期に集中して降ります。


時差


グアムと日本の時差は1時間です。グアムのほうが時間が進んでいます。
日本が24時の時にグアムは1時となっています。


フライト時間


グアムと日本のフライト時間は約3時間半-4時間です。


通貨


通貨はUS$を採用しています。(2017年11月時点で1$=114円です)


チップ


感覚的にはハワイと同じで良いと思います。
個人的には、グアムにはハワイほど高級な感じのお店はあまり多くないように感じます。

空港からホテルへの送迎(荷物1つにつき1$)
ドアマン/ポーター (荷物1つにつき1$)
ルームキーパー(1人につき1$をベットの上に)
タクシー (料金の10%-15%程度)
ファーストフード店  (基本的に不要、もしくはレジ横の箱に気持ちを入れます)
一般的なレストラン(代金の (代金の15%-20%)
高級レストラン (代金の15%−25%)

・グアムのレストランには予め会計にチップが含まれているケースもあります。
 TIP / GRATUITY /SERVICE CHARGE等が伝票に含まれていればそれはチップなので追加の支払いは不要です。
・チップをコインで渡すのは原則的にダメです。小銭が余っていても、チップに小銭は使わず必ず紙幣で渡すようにしましょう。


 

 

グアムに持って行くべきもの

下記は、私が行く際に必要だと感じた物の一覧です。
個人的に必要だと感じた物を羅列しているだけなので、人によっては漏れや不足があるかもしれません。
ちなみに、下記にも記載していますがグアムは短期滞在であればESTAは不要です。

必須アイテム
パスポート
運転免許
クレジットカード
WI-FI
コンタクト
水着
GOPRO(ダイビングをするため)

 

持って行った方が良いもの
レンタカーの予約
日焼け止め
歯ブラシセット
ワックス
化粧水

グアムにもハワイと同様でABCストアーがあり、歯ブラシ、日焼け止め、シャンプー、ワックス等の一通りのものはそこで買えます。
なので、簡単な物は事前に用意して行っても現地で買ってもどちらでも良いと思います。

※グアムは45日以内の滞在でしたらESTAは不要です。
参考 (グアム政府観光局のHP) http://www.visitguam.jp/plan/question/

ハワイに持って行くべき物

ハワイに持って行くべきもの

下記は、私が行く際に必要だと感じた物の一覧です。

個人的に必要だと感じた物を羅列しているだけなので、人によっては漏れや不足があるかもしれません。

必須アイテム

パスポート

ESTA

運転免許

クレジットカード

WI-FI

コンタクト

水着

GOPRO(ダイビングをするため)

持って行った方が良いもの

レンタカーの予約

日焼け止め

歯ブラシセット

ワックス

化粧水

ABCストアーというものが至る所にあり、歯ブラシ、日焼け止め、シャンプー、ワックス等の一通りのものは買えます。

またABCストアーは主要ホテルのそばにはどこでもありますので、事前に用意して行っても現地で買ってもどちらでも良いと思います。

ハワイの概要


ハワイの気候


ハワイは日本のようなはっきりとした四季は存在しませんが、大きく分けて乾季と雨季の2つの季節にわかれています。年間を通じて非常に温暖な気候です。夏は乾季で5月~10月と29~31℃の気温であり、冬は雨季で11月~4月が20~23℃の気温となっています。場所によって変わってきますが、ビーチ周辺は日差しが強く日中はもう少し暑く感じると思います。


時差


日本とハワイの時差は-19時間です。ハワイのほうが時間が遅れています。
日本が24時の時にハワイは朝5時となっています。


フライト時間


往路(行き)は約6時間半から7時間半程度です。
復路(帰り)は約7時間半から8時間半程度の時間がかかります。


通貨


通貨はUS$を採用しています。(2017年11月時点で1$=114円です)


チップ


日本人に馴染みがないのがこれです。
私もよく戸惑いますが、下記に簡単にまとめてみました。

空港からホテルへの送迎(荷物1つにつき1$)
ドアマン/ポーター (荷物1つにつき1$)
ルームキーパー(1人につき1$をベットの上に)
タクシー (料金の10%-15%程度)
ファーストフード店  (基本的に不要、もしくはレジ横の箱に気持ちを入れます)
一般的なレストラン(代金の (代金の15%-20%)
高級レストラン (代金の20−25%)

・ハワイのレストランには予め会計にチップが含まれているケースもあります。
 TIP / GRATUITY /SERVICE CHARGE等が伝票に含まれていればそれはチップなので追加の支払いは不要です。
・チップをコインで渡すのは原則的にダメです。小銭が余っていても、チップに小銭は使わず必ず紙幣で渡すようにしましょう。


 

ハワイ旅行の記録

ハワイのまとめ

良かった点
お金を出してでもビーチホテルをオススメする
自然からアクティビティまで観光したり体験できるものが多い
ステーキ屋、お土産や等多数あり、歩くだけでも楽しい

失敗した点
ホテルは思っているより意外に古い
少し離れた観光地に行く場合、車は必須
通り雨がすごい
飛行機到着から空港から出るまでが意外に時間がかかる

その他疑問だった点に関して
コンセントに関しては、日本のものがそのまま使える(iphoneを含めて電圧は基本対応しているが、製品によるので調べる必要あり)
ポケットwifiは必須
日本語はほとんど通じるので、心配しなくても良い
ホテルを予約する場所が結構重要
レンタカーは簡単なので予約しておいた方が良いと思う

フランス(パリ)の旅行記録

フランスのまとめ


良かった点
さすがパリというだけあり、ご飯が美味しい
有名観光地も比較的近くにあり移動がしやすい
凱旋門から見る景色はとても良いので是非おすすめしたい

失敗した点
少し高価なお店に行くとコースになっていて想定以上にご飯を食べるのに時間がかかってしまった
ユーロスターとホテルを別々にとってしまうとコストがすごく高かったように感じる。
今回は個別で取ったが、旅行代理店やサイトを使ってセットで取った方が良いのかもしれない。

 

その他疑問だった点に関して
個人的な感覚ではブランド品を見に行きましたが安くなかった
タクシーは何回か乗ったが、英語は通じた
Uberが使えたのでとても便利に観光できる


 

初日

 

11時パリ北駅到着しました。

日帰りなので時間節約も兼ねて全てUberで移動することにしました。

 

まず最初はルーヴル美術館に行きました。

調べた噂では、1時間待ちや2時間待ちもあるという噂を聞いていましたが、10分も並ばずに入れました。

有名なピラミッドの形をした所が入り口になっていまして、セキュリティチェックを受けて入場できます。

下に入ってチケットを買います。

とにかく広いので計画的に事前に調べたり計画的に周った方が良いと思います。

私は適当に周り過ぎて2時間近くいて無駄にしました。

そして、かの有名なモナリザを見ました。想像していたよりもかなり小さいのと異様なまでの警戒態勢で少し期待していたよりも違いました。モナリザは今は現在はフランスの国有財産みたいです。

 

次にエッフェル塔に行きました。

ここは、登るまでに1時間以上待つみたいでしたので疲れていたこともあり断念しました。

私は行きませんでしたが、すぐそばには人類博物館や水族館もありますので時間がある方は立ち寄られてもよいかもしれません。

 

その後、エトワール凱旋門に行きました。

ここも人気スポットの1つでかなりの観光客がきました。

ここは「入り口は地下」にあります。

私は初め分からずに2周ぐらい周ってしまいました。

エトワール凱旋門の近くにエルメスやルイヴィトンなどの高級ブランド店がありました。

 

最後にノートルダム大聖堂に行きました。1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。

何と言っても美しいステンドグラスに感動します。

ここはパリの中でも特にオススメのスポットだと思います。

 

ここまで一気に観光して18時でした。

その後、帰路に着きました。

 

フランス人の友人にも聞きましたが、パリの本当に有名な所だけ巡るなら1日で十分みたいです。

実際に私も1日で十分にめぐることができまして大満足でした。

 

FIN

 

 

 

 

スペイン(バルセロナ)の旅行記録

概要

必要なもの

 


良かった点
観光地の場所が比較的まとまっており、観光しやすい
ビーチがすごくお洒落
ご飯がとても美味しく、それ程高くない

失敗した点
お昼ご飯の時間帯が違うので、あえて遅らせて行ったつもりがドンピシャで被ってしまった
グエル公園、サクラダファミリアは予約必須
自転車で移動したら早かった(1時間1€でレンタルしていた)
コンセントのタイプが違う(私は初めて見た型だった)
夜中はなかなかタクシーがつかまらない

その他疑問だった点に関して
空港から意外に近く、タクシーで20分程度で35€前後であった
主要なレストラン、ホテルは英語が通じる
カードはどこでも使える
主要観光地を巡る予定であれば、一泊二日間あれば十分に回れます
タクシーは半分以上英語通じず、uberは使えない(My taxiというアプリが使えた)


 

初日

 

13時頃にバルセロナ・エル・プラット国際空港に到着しました。

 

Google mapで確認したら、市内まで公共交通機関で50分、タクシーで20分強だったのでタクシーで移動することに。
空港の到着口に着くとすぐタクシー乗り場があるので分かりやすい。

€40弱で移動でき、比較的近かったです。

 

まず、昼ご飯を食べようと思いスペイン人の友人にすすめてもらった

Cervecería Catalana(セルべセリア カタラナ)というお店にお邪魔させて頂きました。

14時ぐらいに到着したので空いているだとうと思ったらまさかのお昼の時間帯にドンピシャで重なってしまいました。

スペインでは昼を遅めに食べるみたいです。

かなり並んでいて1時間弱待ちました。しかし、ご飯は本当に美味しかったです。

価格も比較的安く待った甲斐がありました。

生ハムは今まで食べた中で一番美味しかったです。

 

 

 

ご飯を食べた後、歩いてすぐなので「カサ・ミラ」に行きました。

ガウディが54歳の時に設計したもので、実業家のペレミラの邸宅として設計されたみたいです。

現在でも収益物件として稼働していましてテナントが入っているとのことでした。

 

 

 

 

次に、「サクラダ・ファミリア聖堂」に行きました。

しかしここで重大な問題が発生しました。

まさかのチケットが売り切れという事態が起きました。さらに翌日のチケットも売り切れとのことでした。

カード会社のコンシェルジュや、スペイン人の友達などにも聞いてみましたがさすがに当日や翌日の券の売り切れは手に入らないみたいです。ちなみにカード会社のコンシェルジュの方も「このお問い合わせは非常に多いですが・・・」と言っていましたので本当に多いみたいです。スペインに行く際は絶対に予約していくことをオススメします。

 

 

 

次は、「サンタ・マリア・ダル・マル教会」に行きました。

カタルーニャ・ゴシック様式を代表する協会建築みたいです。

中の厳格な雰囲気と綺麗なステンドグラスが印象的でした。

 

 

 

 

その後、近隣を少し散策してホテルにチェックインしました。

そして、サンセットを見にビーチにいきました。

 

ビーチにはクラブみたいなお店がたくさん並んでいます。

 

夕方は落ち着いた雰囲気で営業しています。夜にカジノの参戦しその後市内を少し歩きました。

 

タクシーで移動しようと思ったのですが、タクシーが全くつかまりませんでした。

その日サッカーの試合があったからたまたまなのか、恒常的にそうなのかわかりませんがかなり不便しました。

 

その後「カサ・パトリョ」をに行きホテルに帰って就寝しました。

 


 

2日目

次の日に通り道だったこともあり、かすかな望みも込めて「サクラダ・ファミリア聖堂」に寄ってみたのですがダメでした。

そのまま近くで昼ご飯を食べることにしました。

写真のサラダですが、味付けが無くて横のオリーブオイルや塩を使って自分で味付けすることを初めて知りました。

 

 

12時頃に「グエル公園」に行きました。

しかし、ここでも問題が発生しました。

ここも早い時間のチケットが売り切れで入場できませんでした。

(公園に入れなくて外から写真を撮る人)

 

公園の外周は入れますが中は入れませんでした。

 

次に「ピカソ美術館」に行きました。

到着した段階でかなり列ができていましたのでここももしかして無理かもしれないと思ったのですが、30分ほど並んだら入れました。

 

この美術館はピカソの幼少期からの作品が展示してあるのですが、かなり勉強になります。

いかにピカソが画才に秀でていたかということが伝わってきました。

個人的にはここがここ最近で一番勉強になりました。

そして最後に「カタルーニャ音楽堂」まで歩いて行き、中には入れませんでしたので外周の写真を撮りました。

最後に少し歩いて凱旋門を見て帰りました。

 

凱旋門の向かいに1時間1ユーロでレンタルサイクルがありました。
これを使えればかなり便利だと思いました。

とにかくスペインはチケットを予約しておく必要があるということを身を以て体験致しました。

スペインはご飯がとても美味しく、比較的安い値段で食べられるのでかなり良いと思います。

FIN