シェムリアップ旅行記

シェムリアップ 空港に到着です。
空港に到着してまず、VISAの申請をします。
空港に入ってわかりやすい場所に、このビザの記入用紙が置いてあります。
私も心配で、事前に日本でビザを取って行くかどうかすごい迷いましたが結論としては不要でした。

すぐに発行されますし、外国の方を含めほとんどみんな当日カウンターで発行していました。
私が到着したのが23時頃でしたが全く閉まる気配も無かったので大丈夫だと思います。
実際に私が乗っていた飛行機の方も半分以上の方が当日申請でした。

また、カウンターでも特に会話も無いです。
唯一言われたのが『money!30$』でした。
私は10分ぐらいで発券されました。
発券が完了したら名前を呼ばれます。
どこにビザがあるのかと思ったらパスポートのページにビザが貼り付けてあります。

その後入国審査に移動します。
これも30秒程で終わります。
列に並んだり、書類を書いたりを合わせてトータルで30分程でした。

空港から市内
空港を出ると左手にすぐタクシーの手配をしてくれたり、WIFIレンタルをしているお店があります。
私は本来はホテルが迎えを手配しているはずだったのですが、ホテルのミスで手配が出来ていませんでした。電話をすると『申し訳ない。遅い時間なのでドライバーもいないので自力で来てくれ』と言われタクシーで行きました。

空港からホテル(市内)までは15分で15$の固定料金でした。空港からは固定料金みたいです。UBERは反応しませんでした。

乗ったタクシーの運転手の方は日本語が少し喋れました。3ヶ月間 山本学校と言う語学学校に行っていたとのことでした。
少し会話をしましたが「お客さんは15$払っているのに、私たちには3$しか入らないんだよ」と言う話から始まり怒涛の営業がスタートしました。
「明日のツアーは手配した?20$で案内するよ?」
「女の子のお店行きたい?せっかくだからカンボジアの女の子味合わないと」
「疲れてるし、明日の朝早いから要らないよ」と言うと「1時間だけサクッと行こうよ?」いいお店紹介するよ。「女の子いらないならバー行こうよ」と到着までずっと営業されました。

調べてみるとカンボジアの観光業の方の月収は$200〜$300みたいでした。
ん、ちょっと待てよ?明日のツアー代金1万5000円払ってるぞ?と考えると彼らに行くのは20%程度で80%はツアー会社が取る計算になるのかと思うと何か複雑な気持ちになりました。

ホテルに着いて、乗り換え疲れもありシャワーを浴びてすぐに爆睡しました。

観光
翌日は4:30に起きました。
朝5:00にホテルに迎えの方が来て下さいました。4:55にフロントに行ったらすでに来て下さってました。
そのまま車に乗りアンコールワットに日の出を見に行きました。

まず、チケット売り場に行きチケットを買います。1日券は$37でした。1日券と3日券はカウンターが違うみたいですので注意が必要です。3日券は右側のレーンみたいです。

タクシーで15分程走るとアンコールワットに到着しました。着いた時点では真っ暗でした。ガイドの方が写真撮影のポイントを細かく教えてくれます。
1時間程撮影したり散歩をして6:40に日の出を迎えました。曇っていたのでいまいちでしたが。。。笑

その後、7:00頃に一旦ホテルに戻って朝食を取ります。そしてチェックアウトをしてまた9:00に迎えに来て下さいました。

途中、道端に黄色いペットボトルを並べた露店がたくさん出ていて何かと聞いたらガソリンとのことでした。露店のガソリンは税金がかからないのでみんな露店で買うみたいです。1リットル1ドルとのことでした。また、Siem Reapシェムリアップ には市内に6個しか信号が無いみたいです。

ガイドの人と色々と会話をしていると、1月2月は繁忙期で3月4月が比較的空いているみたいです。2月はかなりピークに忙しくガイドの方も今月は25日働く予定と言っていました。一方で3月の閑散期は15日ぐらいしか仕事が無いみたいです。

ツアーのスタートです。
アンコールワットを一日かけて周ります。

アンコールワットの日の出
朝一でアンコールワットの日の出を見に行きます。
5時半の段階では真っ暗でしたがかなりの人がいます。
とりあえず一通り写真を撮ってみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です